朝日ネット 技術者ブログ

朝日ネットのエンジニアによるリレーブログ。今、自分が一番気になるテーマで書きます。

OpenAPI Specification 3.0 チートシート

はじめに

こんにちは。朝日ネットでWebアプリケーションの開発を行っている tommy です。

OpenAPI Specification は RESTful な API を記述するための仕様です1。2015年に Open API Initiative が発足し、それまで Swagger という名前で進められていたプロジェクトを引き継ぎました。 現在では実質上の世界標準といえます。

今回は、この OpenAPI を書いている時に、コピペして使える、逆引きの小さなサンプル集が欲しいと思ったので、書いていこうと思います2


  1. カタカナで オープンAPI というと、日本だと一般に公開されたAPIという意味にもなるので注意。

  2. Swagger 2.0 から OpenAPI 3.0 になったことで仕様がだいぶすっきりした上に、公式のドキュメント がわかりやすいため調べながら書くのもそれほど大変なわけではないです。

続きを読む

脆弱性スキャナ Vuls の紹介と実運用時の工夫

はじめに

開発部の tasaki です。

皆さんはソフトウェアの脆弱性の検知をどのように行っていますか? NVD や JVN、Linux ディストリビューションの公式 Web サイトで脆弱性情報を逐一確認し、現在マシンにインストールされているパッケージと照らし合わせる……、というのは非常に骨の折れる作業です。 更にサーバが複数台あり、ディストリビューションもインストールされているパッケージもまちまち、という状況ではとても人の手でできたものではありません。

このような時に役に立つのがオープンソース (GPLv3) の脆弱性検知ツールである Vuls です 1 。 今回は Vuls の基本的な使い方を紹介し、加えて弊社で実際に運用してみて得た知見について書いていきます。


  1. 商用版の FutureVuls も提供されています。

続きを読む

Bootstrap4エディタのpingendoでpdfのマニュアルをHTML化してみた-前編

最初に

朝日ネットの開発チームでサービスの企画やUIデザイン、HTML+CSSでの実装を主に担当している watanabeです。 今回は自サービスのマニュアルをHTML化したときのノウハウを記録しようと思います。

  • 最初に
  • Bootstrap4+pingendoを選んだ理由
  • HTML化の手順
    • 1.元のマニュアルの各要素をBootstrapのコンポーネントに割り当てる
    • 2.BootstrapのCSSをカスタマイズする
    • 3.pingendoで読み込み組んでいく
      • 3-1.pingendoの画面の見方
      • 3-2.組み込み方
      • 3-3.プレビューについて
      • 3-4 完成
  • 次回予告
  • 採用情報

オンラインマニュアルを自前で用意する場合、編集の行い易さからPowerPointやWordで作成したものを pdf化してネットにアップすることも多いと思われます。

自サービスのmanabaでも長年pdfのマニュアルを使用していましたが 以下の理由からHTML化することにしました。

  • pdfだと毎回ダウンロードが必要なので見たいときにすぐにアクセスできるようにしたい
  • どのデバイスでも見やすいレスポンシブデザインにしたい
  • wordやパワポ等のエディタだと作成者によりレイアウトが異なってしまうので構造化されたHTMLにしたい

Bootstrap4+pingendoを選んだ理由

HTML化にあたって、以下の条件を元に Bootstrap4+pingendoを選択しました。

続きを読む

Webアプリケーションに声をつける (Web Speech API, Cloud Text-to-Speech API)

はじめに

こんにちは。朝日ネットでWebアプリケーションの開発を行っている tommy です。

前回 まで簡単な音声アシスタントを作っていました。
今回は、オマケとして、前回までの音声アシスタントに声をつけるために Javascript の Speech Synthesis API 及び GCP のサービスの Cloud Text-to-Speech API を利用してみようと思います。

続きを読む

ベトナム出張に行ってきました

こんにちは。株式会社朝日ネット開発部のxfuzzyです。 私は先日、オフショア開発のためにベトナム出張に行ってきましたので、その紹介をさせていただきます。

私の出張の目的は、オフショア 1 先の現地会社(パートナー会社)のオフィスに行き、開発の依頼内容を伝えることでした。出張の期間は、約2週間です。上司と私の2人で行きました。

  • 出張中の日常
  • オフショア開発について
    • 進め方
    • わかったこと
  • 採用情報

  1. 「オフショア開発とは、システム開発などの業務を海外企業、または海外の現地法人などに委託することである。 (オフショア開発とは何? Weblio辞書 )」とありますが、当社の場合アーキテクチャ・設計・ロジックなどは社内で構築しており、手段が確立され横展開できるものはオフショアにお願いしています。また、社員が現地でオフショアメンバーと共にシステム開発を行う場合もあります。

続きを読む